豊玉タクシーの1日の流れを詳しく紹介!働く上での重要事項

photo (161 - 214)

タクシーを利用したことはあるけれど、タクシー会社で働く人の1日がどのように流れているのかまでは知らないという人が大半なのではないでしょうか。

今回は豊玉タクシーで働く人の1日の流れについて紹介します。

豊玉タクシーの勤務形態は3種類!1日の流れと併せて紹介!

Taxi,Yellow,Cab,On,Street

豊玉タクシーは勤務形態が3種類あります。それぞれの勤務形態の1日の流れを紹介します。

隔日勤務

隔日勤務は、タクシードライバーの中では最も多い働き方です。1回の出番で2日分の仕事をする形態で、約20時間(休憩3時間を含む)勤務します。月の勤務日数は11日程度で、出番が終わった次の日が必ず休みになるものです。

隔日勤務は、プライベートの時間が確保しやすいですし、不規則ではあるものの慣れれば働きやすい勤務形態だといえます。出庫時間は6~9時までで調整できるので自由度も高いです。

■スケジュール
出勤~出庫:6:00~9:00
営業:9:00~12:00
休憩:12:00~13:00
営業:13:00~18:00
休憩:18:00~19:00
営業:19:00~21:00
休憩:21:00~22:00
営業:22:00~5:00
帰庫~納車:5:00~5:30

昼日勤

昼日勤は、朝から夕方まで営業します。サラリーマンと同じような勤務スタイルで体の負担も少ないことから、女性ドライバーが多いです。土日を休暇にすることも可能で、出庫時間は6時~9時で自由に変更できます。

■スケジュール
出勤~出庫:6:00~9:00
営業:9:00~12:00
休憩:12:00~13:00
営業:13:00~18:00
帰庫~納車:18:00~18:30

夜日勤

夜日勤は、夜から深夜帯まで働く勤務形態で、18時~翌3時までが一般的な稼働時間になります。深夜帯は割増料金で営業ができるため収入が上げやすく、経験が浅くても高収入が可能です。18時~19時の間で出庫時間を調整できます。

■スケジュール
出勤~出庫:17:00~18:00
営業:18:00~23:00
休憩:23:00~0:00
営業:0:00~3:00
帰庫~納車:3:00~3:30

タクシードライバーで働く上で大事なこと

 

photo (122 - 214)

タクシードライバーとして働く時は何に気を付ければ良いのでしょうか。

体調管理は万全に

隔日勤務では営業時間が長く、生活リズムが不規則になりやすいため、体調管理が非常に重要です。定期的に健康診断に通う、食生活を健康的にする、睡眠をしっかりとるなどの対策を万全にしましょう。

情報交換を行い有効活用

遠距離まで営業を行い、そのまま営業地点に戻るのはもったいないことです。戻っている道中でもお客様を拾うように心がけましょう。

豊玉タクシーではドライバー同士の情報交換が頻繁に行われています。情報交換を容易に行うことができるので、営業活動が進めやすくなるのです。

周辺の情報は積極的に取り入れる

周辺の電車の終電の時間や、サッカーやライブなどのイベント時間の終了時刻を把握することも大切です。そういった時刻の情報を把握しておけば、それに沿って行動でき、お客様を拾いやすくなります。

こまめにお客様を乗せる

長距離のお客様を乗せればその分稼げるものの、お客様の目的地は乗せるまで分かりません。距離にかかわらず、とにかくお客様を乗せることが重要です。取り入れた情報を活かし、乗車していただくことを優先しましょう。

まとめ

豊玉タクシーの1日の流れについて紹介しました。勤務形態によって1日の流れも異なっているため、自分に最も合った働き方ができるよう、勤務形態を選ぶのがおすすめです。タクシードライバーへの転職を考えている方は、ぜひ豊玉タクシーをご検討ください。