勤務形態はどうなる?豊玉タクシーの労働時間を解説

Close,Up,Of,Calendar,And,Alarm,Clock,On,The,Green

タクシードライバーの仕事は、勤務形態が一般的なサラリーマンとは異なります。自分に合ったタクシー会社で働くためには、労働時間をよくチェックしておくことが大切です。ここでは、豊玉タクシーについて、労働時間や働く環境などについて説明していきます。

豊玉タクシーの勤務形態

Blurred,Photo,Of,A,Taxi,Driver,In,Japan

豊玉タクシーの勤務形態は次の3種類です。

隔日勤務

隔日勤務は、タクシー業界で幅広く採用されており、もっともスタンダードな勤務形態です。

1回の勤務で20時間程度働き、勤務明けの日はそのまま休日になります。1回の出勤で2日分の仕事をこなしますが、次の日は必ず休みなので勤務日が続くことはありません。

ハードな働き方に見えますが、その分休みが多く確保されており、トータルの労働時間は次に紹介する昼日勤や夜日勤と変わりません。

豊玉タクシーでは、朝の勤務開始を6時~9時までの間で選べます。休憩は3回とることができて、時間はそれぞれ1時間です。

昼日勤

昼日勤は休憩を除いて8時間、昼間に働く勤務形態です。朝7時~夕方16時まで、朝8時~夕方17時など、一般的なサラリーマンとほぼ同じ時間帯に働くものと捉えて良いでしょう。

豊玉タクシーでは、昼日勤でも隔日勤務と同様に、出勤時間は朝6時~9時までの間で自由に選べます。

夜日勤

夜日勤は、昼日勤とは反対に夜間に働く勤務形態です。「ナイト」と呼ばれることもあります。

終電後や飲み会帰りなど、タクシーの需要が多い時間帯の勤務であるため、稼ぎの多さを重視したい人に向いているでしょう。

豊玉タクシーでは、出勤時間は夕方6時~7時までの間で自由に選べます。

豊玉タクシーは働いやすい労働環境が整っている

豊玉タクシー 労働時間 2

豊玉タクシーの働きやすい環境について紹介していきます。

休みがしっかりとれる

前項の勤務形態を見て分かるように、豊玉タクシーでは3種類の勤務形態の中から自分のライフスタイルに合った時間帯で働くことができます。

自分の時間や家族との時間をしっかりとることができるようになっているため、ハードで休みがとれないということはありません。

最新設備が揃っている

豊玉タクシーで使用している車両には、最新鋭の設備が搭載されています。静音性や走行性にも優れており、ドライバーにとって疲れにくい車内環境で働くことができます。長時間座っての仕事をすることになりますが、快適に働けるでしょう。

まとめ

豊玉タクシーでは、隔日勤務・昼日勤・夜日勤の3種類の勤務形態があり、いずれも月のトータルの労働時間は変わりません。ライフスタイルに合った勤務形態を選べます。

業務で使用する車両には、最新設備が整っており、長時間の勤務でも疲れにくく働きやすい環境です。タクシードライバーの仕事に就きたいと検討しているなら、ぜひ豊玉タクシーにご応募ください。