豊玉タクシーのホスピタリティ・ドライビングとは?

Unrecognizable,Businessman,Presenting,Copy,Space

ホスピタリティとは「心からのおもてなしや思いやりの精神」のことです。日々お客様と接するタクシードライバーにはホスピタリティがかかせません。

今回は、「ホスピタリティ・ドライビング」を掲げる豊玉タクシーについて紹介します。

タクシードライバーにホスピタリティが必要な理由

タクシードライバー やりがい 1

たくさんのモノが簡単に手に入る現代において、モノよりも「心」や「快適さ」を重視する人が増えているといいます。

タクシー業界においてもそれは例外ではなく、お客様に「またこのタクシーを利用したい」と思ってもらうためには、接客が良かった、親切にしてもらったという経験をとおして信頼を得ることが重要です。そのためにはホスピタリティが必要不可欠です。

ひとつ覚えておきたいのが、ホスピタリティとは、ただサービスを提供するだけではないということです。お客様を安全に、確実に目的地まで送り届けることは、タクシーの役割でありおもてなしではありません。

車内を美しく保つ、足元の悪い場所を避けて停車するなど、さりげない親切や気配りの積み重ねがお客様の信頼につながります。

豊玉タクシーのホスピタリティ・ドライビング

Young,Businessman,To,Recommend,It,To

豊玉タクシーが属するkmグループでは、お客様の満足につながる「ホスピタリティ・ドライビング」をモットーにしています。

ホスピタリティ・ドライビングとは、お客様に笑顔になっていただくために、それぞれの感性を活かした、誠実で謙虚なサービスの提供やマナーの実践のことです。

車内清掃の徹底や適切な声かけといったさりげない気配りだけでなく、全ドライバーが救命技能の認定を取得する、陣痛タクシーやバイリンガルタクシーを用意するなど幅広いサービスを提供しています。

このような取り組みによって、今ではkmのタクシーが来るまで待つお客様もいるほど顧客満足度が向上しています。

ホスピタリティ・ドライビングの徹底のため、入社後には接客マナーや運転技術などを学べる研修も行っています 。ほかとは違うタクシードライバーを目指したいなら、ぜひ豊玉タクシーにご応募ください。

まとめ

「心」や「快適さ」を重視する人が増えてきている昨今は、タクシードライバーにとってもホスピタリティが重要になります。

お客様に選ばれるタクシーになるには、ただお客様を目的地に送り届けるだけではなく、さりげない心配りや快適なサービスで、お客様に満足してもらうことが大切です。

豊玉タクシーでは会社を挙げてホスピタリティ・ドライビングに取り組んでおり、入社後の研修やフォローも充実しています。ワンランク上のタクシードライバー、選ばれるタクシードライバーを目指すなら、ぜひ豊玉タクシーにご応募ください。