タクシードライバーは英語が必須?英会話できるメリット

Young,White,Man,Holding,Cellphone,Hailing,Uber,Taxi

タクシーはときに外国人観光客を乗せることもあります。現状、新型コロナウイルスの流行により外国人観光客は激減していますが、アフターコロナになればまた多くの外国人が日本を訪れることでしょう。

そのとき、タクシードライバーにはどれほどの英語力が求められるのでしょうか。役立つ英語のフレーズとあわせて紹介します。

タクシードライバーに英語は求められるのか

A,Japanese,Male,Businessman,Smiles,And,Spreads,His,Hands,In

近年、グローバル化を目指す企業や外資系企業がどんどん日本へ進出し、特に都市部を歩けば外国人を見かけることも多いのが現状です。

2020年12月に日本政策投資銀行が外国人を対象におこなった「アフターコロナで旅行したい国」を調査するアンケートによると、アジアでは日本がトップになりました。韓国や台湾を挙げる声も多い中、特に日本への旅行を希望する声が多かったようです。

今後アフターコロナを迎えた日本では、外国人旅行者と接する機会も増えることが予想されます。

そんな中、観光客と直接やり取りすることも多いのがタクシードライバーです。いざ、外国人旅行客がタクシーの利用を望むとき、ドライバーが英語を使えれば、それは大きな武器となることでしょう。

タクシードライバーが知っておきたい英語フレーズ

英語が苦手でも、最低限のフレーズをいくつか覚えておけば現場で役立つことがあります。たとえ簡単なやり取りでも、英語が使えるドライバーのタクシーに乗るほうが外国人利用者も安心できるはずです。

以下にタクシードライバーなら知っておきたい英語のフレーズを8つ紹介します。

・Hello.
意味「いらっしゃいませ」「こんにちは」など
外国人利用者がタクシーに乗った際、初めての声かけは挨拶から始めましょう。

・Let me close the door. Watch your legs.
意味「ドアを閉めます。足元にお気をつけください」

海外のタクシーには自動でドアが閉まるものが少ないため、注意喚起のために覚えておくと役立ちます。

・Where would you like to go?
意味「どちらまで行かれますか?」

・Would you speak that again?
意味「もう一度言っていただけますか?」

目的地を聞く際に使うフレーズです。聞き取れなかった場合に聞き返すフレーズも覚えておくと良いでしょう。

・Could you write it down?
意味「(目的地など)書いていただけますか?」

それでも分からなかった場合に、紙に目的地を書いてもらうためのフレーズです。最後に「the address」と付け加えると、住所を書いてもらうよう促すことができます。

・Would you like to take the expressway?
意味「高速道路を使いますか?」

遠くまでの移動では、高速道路を使うかどうか確認が必要になるでしょう。利用客が急いでいる場合、積極的に高速道路を使ってほしい場合もあるのでこのフレーズも覚えておくべきです。

・How would you like to pay?
意味「どのようにお支払いしますか?」

現金を渡された場合は、受け取る際に「Thank you.」と声をかけましょう。
クレジットカードでの支払いでサインが必要なときには、サインをしてもらう箇所を示しながら「Could you sign here?」と促してください。

・Have a nice day!
意味「良い一日を!」

利用客が下車する前に使うフレーズです。この一言があるだけでも、外国人観光客のこのあとの日本旅行が少し楽しくなりそうですね。

英語力に力を入れているタクシー会社がおすすめ

Portrait,Of,Japanese,Men,And,Women,Wearing,Thirties,Suits

特に都市部でタクシードライバーとして働く場合、英語を使えることは仕事の幅を広げることに直結します。

豊玉タクシーは、タクシードライバーの英語力アップに力を入れているタクシー会社です。当社には「外国人旅客接遇英語検定」に合格しているドライバーも在籍しています。

この検定は、英語による自己紹介に、外国人利用者がタクシーに乗車する際のルーティンワーク、利用者からの質問や緊急時の対応など、英語を使った接客力を評価する検定です。東京都知事認定の公益財団法人、東京タクシーセンターが実施しています。

合格すると専用のステッカーが配布されるため、車体に貼って英語力をアピールすることも可能です。

また、豊玉タクシーは外国籍のタクシードライバーも積極的に採用しています。社内でも外国人と接する機会を持てるため、コミュニケーション力の向上に役立つことでしょう。

そのほか、東京エリアでタクシードライバーになるために必須の地理試験対策の研修に、業務上必要となる技術や知識の習得サポートにも力を入れています。未経験の方でも、安心して働いていただけますよ。

まとめ

英語を使えるタクシードライバーは、外国人利用客に安心感を与えることができます。アフターコロナで日本に多くの外国人観光客が訪れるのにそなえて、いまから英語を勉強し始めるのはいかがでしょうか。

従業員の英語力向上に力を入れているタクシー会社に入社すれば、会社のサポートを受けながら英語力を伸ばすこともできるでしょう。外国人対応に強いタクシー会社への就職、転職をお考えなら、ぜひ豊玉タクシーへのご応募をご検討ください。