タクシー運転手になりたい!どんな人が向いている?

The,Man,Who,Succeeded

タクシー運転手の仕事は、運転するのがメインですが、それ以外にもコミュニケーションをとったり、営業をしたりとあらゆる仕事があります。どんな人が向いている仕事なのでしょうか。今回は、タクシー運転手に向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

タクシー運転手に向いている人

Portrait,Of,An,Handsome,Smiling,Asian,Business,Man,Driving,His

タクシー運転手に向いているのはどんな人なのでしょうか。

体調管理ができる人

タクシー運転手は不規則な勤務形態で働くことが多い仕事です。一般企業のように休憩時間が決まっているわけではなく、休憩時間は個人の裁量に任されています。そのため、休憩を取らずに働くこともできてしまうため、自分の限界をわかっていることが大切です。

体調を崩して働けなくなってしまうと、その分売上が下がって収入も減ってしまいます。

車の運転するのが好きな人

タクシー運転手は一日中車に乗っている仕事です。車の運転が好きな人でなければ、だんだん苦痛になって続けるのが難しくなってしまいます。

運転が好きな人なら道も覚えることができるため、効率の良い営業ルートなどを自分で見つけることも可能です。車の運転が好きでなければ勤まらない仕事かもしれません。

タクシー運転手に向いていない人

一方で、タクシー運転手に向いていない人はどのような特徴があるのでしょうか。

コミュニケーション能力が低い人

お客さんが快適に過ごせる空間を作るには、運転技術以外にもコミュニケーション能力が必要です。コミュニケーション能力が低い人にはハードルが高いかもしれません。

ただし、必ずしもおしゃべり好きが良いというわけではないので注意が必要です。お客様の中にはコミュニケーションをとりたくない人もいるため、それぞれ見極めながらお客様に合わせたコミュニケーションをとることが求められます。

車の運転が苦手な人

タクシー運転手は、一日の大半を車の中で過ごすので、運転が苦手だと苦痛になります。しかも、運転が苦手だとお客様に不安な思いをさせてしまう恐れがあるため、運転が苦手な人には向いていないのでしょう。

豊玉タクシーの研修制度を紹介

タクシー運転手 向いてる人2

豊玉タクシーは、研修制度が充実していることで定評があります。

タクシーマナー研修

この研修では、メーターの操作方法や救命実習など細かい実習ができます。また、接遇研修などお客様との接し方についても学ぶことが可能です。コミュニケーションが苦手でも訓練すれば克服でき、タクシー運転手として働くことができます。

運転技術も学べる

豊玉タクシーは、費用会社負担で二種免許が取得できます。提携している教習所で丁寧な指導を受けられるため、運転が得意でない人でも安心です。

また、運転手としてデビューする前には、先輩ドライバーに同乗してもらい、指導やアドバイスを受けられるため、初心者でも安心して働くことができます。

まとめ

今回は、タクシー運転手に向いている人と向いていない人の特徴について紹介しました。向いているに越したことはないですが、向いていなくても豊玉タクシーの研修制度を利用すれば未経験でもタクシー運転手として立派に勤めることができます。ぜひ豊玉タクシーへの就職をご検討ください。