タクシードライバーの地理試験とは?合格基準や出題形式を解説

photo (93 - 214)

東京都内で働くタクシードライバーは、乗務にあたる前に地理試験を受けて合格する必要があります。地理試験とはいったいどのような試験なのでしょうか。今回は、地理試験の合格率や概要について紹介します。

タクシードライバーの地理試験とは

タクシードライバー 地理試験 1

タクシードライバーの地理試験とはどのような試験なのでしょうか。概要や出題形式等について解説します。

概要と出題形式

地理試験は、東京都、大阪府、神奈川県の一部の地域で、タクシードライバーになるには合格しなければならない試験です。

地理試験は、「当該指定地域に関する地理の科目」と「タクシー事業に係る法令、安全及び接遇」の2科目に分かれています。

前者は、所要時間60分となっており、解答はマークシート式で80%以上(40問中32問以上)の正解で合格です。後者は筆記試験で、80%以上(45問中36問)の正解で合格となります。

合格については科目合格制で、どちらか1科目のみ合格となった場合、次回以降の試験で合格した科目は免除されます。両方に合格してはじめて地理試験に合格した扱いになります。

合格は2年間有効ですが、タクシードライバーの仕事を続けているうちは受け直す必要はありません。

地理試験の対策方法

地理試験の合格率は50%程度と低めで、合格するまでの平均受験回数は5~6回程度といわれています。きちんと勉強しなければ合格は難しいでしょう。合格するためには、専用の問題集を購入して勉強する必要があります。

豊玉タクシーなら働きながら地理試験を受けられる

タクシードライバー 地理試験 2

独学で地理試験に合格するのは簡単ではありません。しかし、受からなければタクシードライバーとして働くことができません。

豊玉タクシーでは、入社した新人ドライバーに地理研修を実施しており、その中で地理試験対策も行っています。研修に参加した人の合格率は毎月90%以上と非常に高いです。

ほかにも、未経験でタクシードライバーになる人には欠かせないタクシーマナー研修、東京タクシーセンター研修なども実施しています。

さらに、タクシードライバーに必須の二種免許の取得費用も、会社がすべて負担しています。資格なしで入社しても、充実した研修内容で資格取得をサポートしていますので、未経験の方でも安心です。

まとめ

今回はタクシードライバーの必須の地理試験について解説しました。地理試験は、タクシードライバーとして働くために必須の試験ですが、きちんと勉強しなければ合格が難しいものでもあります。

豊玉タクシーなら、未経験で入社しても専門の地理研修でしっかりと試験対策をすることができます。未経験でタクシードライバーになりたい人は、ぜひ豊玉タクシーへの就職を検討してはいかがでしょうか。